ダストボックス、ダストピット、小型物置の通販 EX-STYLE(エクスタイル)

安全に関するご注意

当店では、お客様の安心と安全のために、各項目で安全性を推奨しております。
下記の「安全に関するご注意」をよくお読みくださいますようお願いいたします。

設置場所の制限

建物の上には設置しないでください。

●建物の上には設置しないでください。

バルコニー等の避難経路にあたる場所には設置しないでください。

●バルコニー等の避難経路にあたる場所には設置しないでください。

大屋根から雨水や雪が、直接屋根に落ちる場所には設置しないでください。

●大屋根から雨水や雪が、直接屋根に落ちる場所には設置しないでください。

崖のふち、風当たりの強い場所等、安全の確認ができない場所には、設置しないでください。

●崖のふち、風当たりの強い場所等、安全の確認ができない場所には、設置しないでください。

設置場所について

スペースをできるだけ有効に使うために、設置場所の幅、奥行、高さを正確に測ってください。

●スペースをできるだけ有効に使うために、設置場所の幅、奥行、高さを正確に測ってください。母屋の出窓、物干し、軒などの寸法、さらに基礎ブロックを考慮して、設置スペースは十分確認しましょう。

組立施工の注意点

基礎工事、アンカー工事用のコンクリートをあらかじめ用意してください。

アンカー工事等の転倒防止工事を必ず行ってください

●アンカー工事等の転倒防止工事を必ず行ってください。

組立の際には、手袋を着用してください

●組立の際には、手袋を着用してください。

風の強い日・雨の日は、組立作業を避けてください

●風の強い日・雨の日は、組立作業を避けてください。

高い足場が必要なときは、踏み台・脚立等、安定した足場を使用してください

●高い足場が必要なときは、踏み台・脚立等、安定した足場を使用してください。

組立て後、各部のボルト・金具の忘れやゆるみがないか確認してください

●組立て後、各部のボルト・金具の忘れやゆるみがないか確認してください。

電気配線工事が必要な場合には、専門の電気工事が必要です

●電気配線工事が必要な場合には、専門の電気工事が必要です。

給湯器の前には設置しないでください

●給湯器の前には設置しないでください。

※道幅が狭く、商品の搬入が難しいと思われる場合、あらかじめご相談ください。

お客様が設置施工をされる場合

組み立てに必要な工具(特殊スパナ、水準器、ドライバー)が付属品としてついています。(一部機種のみ)

●組み立てに必要な工具(特殊スパナ、水準器、ドライバー)が付属品としてついています。(一部機種のみ)

強風による転倒防止対策が必要です。アンカープレートを使用してアンカー工事をしてください転倒防止金具を利用して母屋などに固定してください

●強風による転倒防止対策が必要です。アンカープレートを使用してアンカー工事をしてください。または、転倒防止金具を利用して母屋などに固定してください。組み立てをする前に、コンクリートまたは針金(線径1.6mm以上)をご用意ください。

※必ず取扱説明書、組立説明書をお読みください。
   設置施工の際は、手袋を着用してください。

積雪区分について

地域の積雪量に合わせてお選びください。シリーズごとに積雪の耐荷重が違うので、詳細をご確認ください。

※積雪荷重は、一般型では、積雪1cm/平方メートルあたり20N、積雪型以上では、積雪1cm/平方メートルあたり30Nで計算しています。

一般

一般

積雪約60cm[1,200N/平方メートル(約120kgf/平方メートル)]まで。

※エスモは積雪約75cm[1,500N/平方メートル(約150kgf/平方メートル)]まで。

積雪

積雪

積雪約100cm[3,000N/平方メートル(約300kgf/平方メートル)]まで。

豪雪

豪雪

積雪約150cm[4,500N/平方メートル(約450kgf/平方メートル)]まで。

安全にご使用いただくために

屋根の上に乗らないでください。

●屋根の上に乗らないでください。

屋根の上に物を乗せないでください。

●屋根の上に物を乗せないでください。

絶対に改造しないでください。

●絶対に改造しないでください。

●床・棚板には制限荷重以上の物を乗せないでください。

●物を立てかけないでください。

 

物置の収納物について

夏場の温度上昇、結露または忌避小動物の侵入等によって、収納物に被害が発生する恐れがあります。食料品や貴重品等の収納は避けてください。

台風・強風のときは

風が吹き込まないように、扉を閉めてカギをかけてください。

●風が吹き込まないように、扉を閉めてカギをかけてください。

窓のあるものは、飛散物による窓ガラスの破損を防ぐため、外側から板等で覆ってください。

●窓のあるものは、飛散物による窓ガラスの破損を防ぐため、外側から板等で覆ってください。

●風のために動いたり倒れたりしないように、床に重いものをおいてください。

雪下ろしを行うときは

雪下ろしを行うときは

●本体のまわりの雪は、取り除いてください。

●雪下ろし作業は、表示の積雪量に達する前に行ってください。

●雪下ろし作業時には、絶対に屋根に乗らないでください。